乃木坂46初の小説家・高山一実さんの本『トラペジウム』!気になる内容、感想、評価を教えて!

乃木坂46の1期メンバー・高山一実さんは、乃木坂46の中でも明るく、ムードメーカー的な存在です。

リナ0513リナ0513

いつもポジティブで、『アメイジング!』という持ちギャグ(?)も持っています。

 

今回は、そんな明るく元気な高山一実さんが書いた本『トラペジウム』の小説について、ご紹介します!

以下6点に分け、ご紹介していきますので、ぜひご覧ください☆

  • 雑誌『ダ・ヴィンチ』から生まれた高山一実さんの本『トラペジウム』って?
  • 乃木坂46・高山一実さんの本『トラペジウム』の内容を教えて!
  • 高山一実さんの本『トラペジウム』の感想は?
  • 乃木坂メンバー初・高山一実さんの本『トラペジウム』の評価が気になる!
  • 乃木坂46高山一実さんの本『トラペジウム』のどんな人にオススメ?
  • 高山一実さんの本『トラペジウム』はどこで買えるの?

 

スポンサーリンク

雑誌『ダ・ヴィンチ』から生まれた高山一実さんの本『トラペジウム』って?

引用:Amazon

乃木坂46の1期生、高山一実さんが書いた処女作である『トラペジウム』

雑誌『ダ・ヴィンチ』にて、2016年4月から連載がスタートした作品です。

 

11月28日に発売され、2ヶ月間で17万部の売上を誇る人気小説となりました!

また、乃木坂46のメンバー西野七瀬のコメントが付いた限定帯版『トラペジウム』も発売され、多くの方の手に渡った小説になっています。

 

スポンサーリンク

乃木坂46・高山一実さんの本『トラペジウム』の内容を教えて!

引用:Amazon

現役アイドルである、高山一実さんが書いた小説は『アイドルの10年間を描いた、友情と感動の物語』です。

高校1年生の主人公・東ゆうは、アイドルを目指し、東西南北にメンバーを探し求めます。

  1. 「SNSはやらない」
  2. 「彼氏は作らない」
  3. 「学校では目立たない」
  4. 「東西南北の美少女を仲間にする」

この4つの決まりを自分自身でつくり、仲間と共にアイドルを目指すストーリーになっています。

 

アイドルメンバーとのぶつかり合い、そこで育まれる友情が、現役アイドルの高山一実さんによって描かれいます。

リナ0513リナ0513

一人では乗り越えられなくとも、仲間がいることで、頑張れるというメッセージ性を感じる作品です。

 

スポンサーリンク

高山一実さんの本『トラペジウム』の感想は?

引用:https://mdpr.jp/news/detail/1845324

リナ0513リナ0513

私の率直な感想として、『現役アイドルが書いた小説というより、一小説家が書いた作品』と言っても過言ではないと思います。

難しく、堅めの表現がある場面があり、高山一実さんの知識の豊富さを感じました。

 

また、高山一実さんの小説『トラペジウム』は、高校生がアイドルを目指す10年間が描かれています。

アイドルを目指す中で生まれる友情や、友人との亀裂が表現されていました。

 

高山一実さんが好きな小説として『少女』を挙げています。

小説『少女』は、湊かなえさんが書いた小説で、死をテーマにしたブラックでミステリー要素のある小説です。

ユーモアあふれる表現とブラックな部分が盛り込まれている『少女』という小説は、人間の死と生というものを改めて考えさせられる深い物語になっています。

 

そんな『少女』をリスペクトする、高山一実さんが書いた『トラペジウム』もまた、薄っぺらな物語ではありません。

アイドルとして生きていくことの難しさ、若さは限られたものであり、時間が限られていることを改めて考えさせられる、深い物語になっています。

ですが、現役アイドルならではのアイドルの闇の部分や裏事情などが書かれていたら、もっと面白かったのではと思いました。

 

アイドルの『裏』を表現できるのは、高山一実さんがアイドルを卒業してからかもしれません。

リナ0513リナ0513

その時まで楽しみにしておきましょ☆

 

スポンサーリンク

乃木坂4メンバー初・高山一実さんの本『トラペジウム』の評価が気になる!

https://twitter.com/nogiy_08/status/1205501904572145665

リナ0513リナ0513

多くの方の『トラペジウム』の評価をツイッターなどで拝見しました!

『処女作にしては面白かったけど、結局何が言いたいのかわからない』『現役アイドルとしてもっと深いところまで掘り下げて欲しかった』などと、厳しい評価もありました。

現役アイドル・高山一実さんならではの、発想やコメント、表現を織り混ぜてほしかったというのもわかります。

 

ですが、『高校生がアイドルを目指し、その中で生まれた友情に感動した』などプラスの評価をされている方々も多くいらっしゃいました。

『友人の大切さを感じた』という方も多く、『トラペジウム』は、改めてステキな本だと感じました。

 

乃木坂46高山一実さんの本『トラペジウム』のどんな人にオススメ?

引用:Amazon

現在、アイドルを目指している中高生にとっては、親身になって楽しめる小説ではないでしょうか。

 

もちろん、高山一実さんのファンの方々にも楽しめる小説だと思います。

リナ0513リナ0513

私も高山一実さんファンということで、小説『トラペジウム』を買って、読ませていただきました!

高山一実さんファンの男性にとっては、女子高校がこんな気持ちで過ごしていて、こんな事を考えているというのが伝わる作品ではないでしょうか。

 

高山一実さんの本『トラペジウム』はどこで買えるの?

引用:Amazon

大人気小説となった『トラペジウム』は、本屋さんでの取り扱いはもちろん、取り寄せることも可能です。

リナ0513リナ0513

また、本屋さんに行かなくとも、ネットで買うことも出来ますよ。

 

 

まとめ 乃木坂46初の小説家・高山一実さんの本『トラペジウム』!気になる内容、感想、評価を教えて!

引用:https://mdpr.jp/photo/detail/6947383

リナ0513リナ0513

乃木坂メンバーの高山一実さんが書いた処女作『トラぺジウム』について、ご紹介させていただきました!

『トラぺジウム』は、雑誌『ダ・ヴィンチ』にて連載されていたものが、小説となって出版された作品です。

 

高校1年生の主人公・東ゆうが、東西南北で仲間を集め、アイドルを目指すというストーリーになっています。

いつも元気で明るく、ムードメーカー的存在の高山一実さんが書いた小説は、読んでいる人に『友情の大切さ』、『若さと時間は限られたものであること』を教えてくれる本です。

『トラペジウム』を読んで、限られた時間を大切にし、友人と分かり合うことの難しさ、友情の重要性を感じさせられました。

 

リナ0513リナ0513

アイドル・乃木坂46のメンバー、高山一実さんが書いた本『トラペジウム』は、こちらからご購入いただけます。

 

賛否両論の評価ではありますが、『トラペジウム』は小説家・高山一実さんの初の作品です。

アイドルとしてはもちろん、小説家・高山一実さんの活躍がこれからも楽しみですね!

 

アイキャッチ画像の引用:https://mdpr.jp/photo/detail/6947383

スポンサーリンク